【現在】【準現在】冷戦など知るか!改革の足を引っ張る共産党は保守なんだよ!

学習院大学で、日本政治過程論の対面授業に出席しています。

たぶん、この大教室は、1985年2月に、私が学習院大学文学部史学科を受験した教室です。

そして、担当の教授は、おととし私が統計処理ソフト・Rを理解できず、途中で投げ出したゼミの指導教員でもあります。

出席を取るためと、小テストを実施するため、スマホにresponをインストールしてくれと言うことでした。

教授によれば、「難しくない。スマホを日常使用していれば、できる。」

私には簡単なことではありませんでした。

学習院大学の計算機センターに自分のスマホを持ち込み、インストラクターにインストールしてもらいました。

インストール画面は検索しても出て来ず、メールアドレスは新しく作らなければならず、自分のアカウントだけではなく大学のアカウントも作成しなければならず、と困難を極めました。

20分遅れで日本政治過程論に出席しました。

面白い話をしていました。

世代が下になればなるほど、自民党と共産党が左右両極端であることを理解できず、若い世代の中には「自民党が革新」「共産党が保守」と誤解している人も少なくないそうです。

冷戦を経験していないことが決定打になるそうで、リベラル→自由→改革、という連想をしてしまうそうです。

現在の50歳が冷戦を知るか知らないかの分水嶺だそうです。

自分の育った社会背景によりイデオロギーが形成されることを「政治的社会化」と呼ぶそうです。

1993年10月、新右翼活動家の野村秋介さんが、ソ連崩壊を挙げ、「打倒対象がなくなった」と朝日新聞社長室で拳銃自殺したことを思い出しました。

もしこの時野村さんが拳銃自殺しておらず、現在も新右翼運動を続けていたら、今頃誰に呼び掛けたらいいかも分からなくなっていたと思います。

【準過去】【現在】革命と建設の英才、小田弘史?

変声期の、ガラガラ声で政治的意見を表明されるのは、あまり心地のいいものではありません。

中学校2年生の頃、学校で「天皇制反対」「社会主義を建設せよ」とアジ演説した私は、高校に入る頃には、子供の頃のアニメソングを、革命歌に替え歌することに夢中になっていました。

あの頃、ガラガラ声で歌った革命歌は、よく記憶に残っています。

感性的な表現で申し訳ないのですが、率直に言って気持ちが悪いです。

あの頃書いた自分の文章を見てみると、「…は非常に有意義である」と紋切り文の羅列であって、なぜ、どのように有意義なのか、一向に自分の言葉で語っていません。

左翼のかっこよさが先行していたのだと思います。

今日、安倍さんの国葬がありました。

帰宅したところ、たまたまテレビで中継していました。

私も安倍さんの実績は評価していませんが、殺害と同時に、今まで隠されて来た自民党の膿の部分が噴出したところを見ると、恐らく国葬に足る政治家だったのでしょう。

ただ、献花に来た中学生が、「こんな日が来て欲しくなかった」とガラガラ声で泣きじゃくっているのを見ると、自分の歪んだ肖像を見るようで、顔を背けたくなります。

あの年輩では、安倍さんが退任した頃、まだ小学生だったのでしょう。

しかし、私の6年生に頃の日記には、6年生後半にもなると「有事立法反対」などという文が現れているので、イデオロギーに興味があるのであれば不思議なことではありません。

安倍さんが、少国民を駆り立てる力は凄いと思います。

私は、国民を指導するような、権威のある首相は望みません。

特に自民党出身の首相には、多様な意見を調整するような、謙虚な人物を望みます。

【現在】【準現在】大学で論文に接したことがない!

学習院大学で、後期の文章表現が開始されました。

前期だけでの履修でも、2単位は取れたのですが、どうやら担当の先生が奨めて下さっているようなので、後期も続けて履修し、4単位を目指すことにしました。

授業で同席している現役学生たちが、続々と就職を決めています。

大学院には進まないそうなのですが、「…と結論付けられる」と論文調の言い回しを身に付けています。

私が、論文調の言い回しを身に付けたのは、2013年以降、関東学院大学で博士後期課程に在学した時のことです。

早稲田大学の学生だった頃は、学術的な書籍を読もうとしても、頭の中でスパークが起きるばかりで、さっぱり入って来ませんでした。

学部のどの時点で、論文調の言い回しを身に付けるのか、今でもよく分かりません。

しかし20歳の学生時代にそれを身に付けることができなかったために、「フリーターの17年」「運送屋の17年」「毎日が日曜日の17年」「日中から布団の中の17年」を招いたことは間違いないと思っています。

【現在】18歳、18歳、18歳

学習院大学で、成績発表がありました。

「教育・発達ゼミナール」「刑事訴訟法演習」に引き続き、「特別演習」で「秀」が取れていました。

「ゼミは平常点で稼げる」というのは、間違いなかったのです。

そして、大学の授業では、暗記は通用しません。

暗記は、できて当たり前なのです。

高校の日本史は暗記科目ですから、大学入試模擬試験で日本史全国1位を取ったなど、大学よりもレベルの低い次元での話なのです。

暗記の代わりに、私は発表能力を成績に変換しています。

私が小学校の非常勤講師をしていると知った時、私を高校教師にしたがっていた「共産党の先生」が、「発表の得意な子だったんだ」と落胆したというのは、私のことを一面では知っていたということなのです。

ただ、「発表が得意」であることが「若い子が好き」であることと結び付くと言うのなら、この「共産党の先生」は大バカ者であると言わざるを得ません。

「若い子が好き」で高校教師になった人は、もし教え子が警察に逮捕されたなら、そっと身柄を警察に引き取りに行ってあげたりもするものです。

私は、自分の意見を分かり易く表明しているだけです。

しかし、一方で難航しているのが「政治学科基礎科目」。

今までは、ZOOMによる遠隔授業が中心で、集中できませんでした。

パソコンが置いてある父のアトリエで、大学の勉強をしようという気分にはなりません。

後期から対面授業が拡大し、先日、大学に行って、「政治学科基礎科目」に当たる「日本政治過程論」「国際政治」に初めて出席しました。

ここで思い出したのが、早稲田大学のマスプロ授業ではなく、中央大学のマスプロ授業でした。

200人は収容できる大教室に、18歳、18歳、18歳…。

彼らは学費を全額親から出してもらっているのでしょうし、働いて得たお金を学費に当てている私とは立場が違うと感じました。

大学が「政治学科基礎演習」を平日の午前中に集中させていること自体、親から学費を出してもらっていることを前提にしていると言ってもいいと考えています。

私が「政治学科基礎科目」を制覇するためには、最低半年間、仕事を辞めなければならないでしょうね。

【現在】老化の進行に個人差はあまりない?

エリザベス女王が亡くなりました。

このところ、著名人の死が相次ぐと感じるのは、私が子供だった頃、青年だった頃に名を成した人たちが耐用年数の限界を迎えているということなのでしょうか。

昨夜テレビで見た、エリザベス女王の10年前と7か月前の比較。

10年前には、少し背中が曲がり始めた程度でしたが、7か月前に首の周りをたるみで袋のようにして、「体が動かない」と言っていたのを知り、少々ショックでした。

私の母は、エリザベス女王と2か月しか誕生日が違わないのです。

私の母の背中が曲がり始めたのも、大体10年前なのです。

【現在】【過去】【準過去】【準現在】ギフテッド、それは私のことか

朝日新聞社会面で、「ギフテッド」という人たちが紹介されています。

特定分野が極めて得意なのだけれども、後はちょっと…という人たちのようです。

今回紹介されている人は、漢字が得意な人です。

3歳の頃、電車の路線図を見て、漢字を覚え始めたそうです。

私と同じ。

私は4歳の頃だと思いますが、東武東上線の路線図を見て、漢字を覚え始めました。

ちょっと外れますが、看板や標識に漢字が書いてあることは、漢字学習の導入にとって大事なことなのです。

李承晩が、ハングル専用政策を進めるために、街頭の漢字で書かれた看板・標識を撤去させた(1956年)ことには触れておかなければなりません。

話は戻り、ここで紹介された人は、学校に進んでも自分が得意な分野の授業は退屈で仕方がなかったそうです。

授業中は、授業など聞かずに、ずっと落書きをしていたそうです。

それでいて、定期試験の時には満点を取ったそうです。

私も、中学時代の社会がそれでした。

中学校2年生の2学期、穴埋めプリントを宿題に出し、それを答え合わせするだけの授業。

私は退屈だったので、ずっと地図帳を眺めており、定期試験で満点と99点を取りました。

99点と言っても、ウクライナの地理で、担当教員が「石炭」と答えることを期待していたところを、私が「黒土」と回答したことです。

私が「黒土」でも正解なのではないか、と申し入れたら、「99点も取っているのだからいいじゃない、さよなら、さよなら」と言われました。

授業態度が悪い、という理由で、5段階評価の4を寄こされました。

高校受験の内申書の基礎になる、中学校3年生2学期の社会の評価も、定期試験の点数に拘らず4でした。

私は、数学はさっぱりできませんから、書類上の私の成績は「中の上」なのでした。

一つ。優秀な子供は、全ての領域でいい成績を手にしますが、ギフテッドの子供の好成績は得意領域に限られます。

一つ。優秀な子供は、同年齢の子供との交流を好みますが、ギフテッドの子供は大人との交流を好みます。

一つ。優秀な子供は、同年齢の優秀な子供と知的コミュニティーを形成しますが、ギフテッドの子供は本を友達にしがちです。

ギフテッドの場合、不得手なことでは報われない、得意なことでも報われない、そのようなことが原因となり、不登校に陥りかねないそうです。

チェコの教育学者、ヨハネス・アモス・コメニウスが考案した同年齢=同学年制度は、人間の能力のバランスの良さを前提にしています。

中学の後、私には<高校時代>という悪夢のような季節が待ち受けていました。

成人後の私に向かって、「あなたの個性は高学歴と人生経験です、あなたに課長をお任せし、新卒を部下にお付けします」と言う人事担当者の見る目のなさは罪だと思います。

【現在】【準過去】帝政ロシアは中世、ソ連は近代、ロシア連邦は現代

塩川伸明『国家の解体』(Ⅱ)を読み進めています。

今日の時点で、「同盟条約案作成作業の開始ー1990年春~夏」を読んでいます。

ロシア共和国最高会議議長として、ぼちぼちボリス・エリツィンの名前が出て来ます。

ソ連が、解体に向けて一歩一歩突き進んでいることに、エリツィン議長も気付いていなかったでしょう。

1990年春~夏と言えば、私は早稲田大学5年生でした。

私が学生こども会を始めたばかりの頃に、小学校に入学した子供たちも、小学校5年生になっていました。

私が早稲田大学を卒業するのには6年掛かっており、この子供たちが小学校を卒業すると同時に、私も現役で行った大学を卒業しています。

1979年生まれの小学校時代と、私の現役での大学時代ががっぷり被さり合っています。

ソ連解体に向けて歩みが進んでいた頃、日本はバブルの絶頂でした。

私は現役の大学生としてバブル期を体験しましたが、小学生として体験したバブル期はどのようなものであったでしょうか。

そして突然の訃報。

ゴルバチョフ元書記長が亡くなりました。

91歳でした。

先日、朝日新聞にゴルバチョフ氏の寄稿が掲載されており、「ずいぶん長生きだな」と感じていた矢先でした。

「ずいぶん長生きだな」と感じた著名人は、間もなく亡くなることが多いと経験的に感じています。

レーニン、54歳。スターリン、74歳、フルシチョフ、77歳、ブレジネフ、76歳、アンドロポフ、70歳。チェルネンコ、73歳。そしてゴルバチョフ、91歳。

レーニンは、夏目漱石がそうであったのと同様に、人生50年時代を生きていたことが分かります。

ソ連が安定していた頃は、人生70年だったことが分かります。

そして、ソ連が終わった頃、人生100年時代に突入したのでした。

ソ連はもはや、世界史の一幕だと思います。

【現在】氷川下セツルメントも、セツルメントをしているという認識はあるだろうか

東村山稲門会で、納涼会がありました。

和食レストランでの4000円の会費は、私は初の参加ということで、無料にしてもらいました。

1960年代に、学生セツルメントをしていた方に出会い、びっくり。

私が学生セツルメントに出会った1985年には、都内の学生セツルメントで、法律相談部があったのは、綾瀬セツルメントくらい。

ほぼ、活動内容は、学生こども会に一本になっていました。

現在では、文京区近辺で活動している学生セツルメントとしては古参である氷川下セツルメントでさえ、氷川下こども会を名乗っているのですから、セツルメントという言葉を知っている人もほとんどいないと思います。

1960年の朝日新聞の社会面には、「全国学生セツルメント全国大会始まる」という記事が載っています。

学生セツルメントが、貧困のため、法律相談を受けられない人、医療を受けられない人、教育を受けられない人の現実の受け皿になっていたことが分かります。

【現在】三橋美智也は歌わないし、チェッカーズは歌わないし

犯罪心理学者の福島章さんが亡くなりました。

ウィキペディアを見てみると、凄いですね。

大久保清事件、新宿西口バス放火事件、深川通り魔殺人事件、女子高生コンクリート詰め殺人事件、足利事件、下関通り魔殺人事件、西鉄バスジャック事件…と累々たるものですね。

サイコな事件の精神鑑定ばかりを手掛けていて。

学習院大学の教育・発達ゼミナールで、その著書『イメージ世代の心を読むー疑似現実はどういう人間を生み出したか-』(新曜社、1991年)を発表の土台に使用させていただきました。

まだ、発達障碍という言葉は、「聞いたことはあるけれども、意味は分からない」という段階でした。

福島さんは、1936年1月29日生まれで、誕生日が父と3週間少ししか違いません。

「早生まれであることが、劣等感の種になっていた」という言葉が、印象的でした。

父も、小学校時代のことはあまり覚えていおらず、よく覚えているのは中学校1年生の時の出来事です。

更に印象的だったのは、福島さんの以下のような言及です。

「私は、クラシック音楽が好きで、娘が幼い頃にはよく娘をクラシック音楽のコンサートに連れて行ったものだが、娘は年頃になったらポピュラーミュージックを好むようになっていた。」

そう言えば、私がカラオケで歌う歌は1969年の「もーれつア太郎」から1980年の「ランナウェイ」の範囲に限られており、音楽の好みは育った時期をよく反映しているのです。